Skip to content(本文へジャンプ)

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 仕事内容を知る

Recruitment

仕事内容を知る

当社発展のカギを握る社員。
様々な仕事を通して一人一人が当社を支えています。
一日のスケジュール、仕事の魅力や大変さなどを聞いてみました。

  • 2010年入社 営業職
  • 2013年入社 営業職
  • 2014年入社 営業職
  • 2013年入社 事務職
  • 1995年入社 事務職
  • 2015年入社 営業職
  • 2017年入社 事務職

仕事内容を知る01

  • 営業職
  • 自分色に染められる新規開拓営業に
    楽しさを感じています。

どんな仕事を任されているか

食品加工業者を中心に新規開拓営業を行っています。当社の強みでもある膨大な商品アイテムの中からお客様の欲しいと思う商品を選び出し、お客様に喜ばれる提案営業が私の仕事です。

辛い経験をどうやって乗り越えたか

転勤前は所長も先輩も年が離れており、経験が豊富で何でも聞けば教えてくれる環境でした。ここは、それとは全く逆で、自分は所長の次の年齢。所長は30代と若く、後輩も急に2人出来、これまで教えられることばかりで、何が分からないのか分からず、どのように指導すべきかを悩みました。自分自身も転勤してきたばかりで取り扱う商品の勉強に時間が欲しいと思いながらも、営業駆け出しの後輩や新入社員の教育に時間がとられ思うようにいかない日々でした。そんな私を気遣って後輩が率先して業務の仕事に入り、私の負担を軽減してくれました。これに応えなくてはと思い、一人で悩まず、分からないことは後輩達と一緒に考えるようにしたら気持ちがとても楽になりました。

仕事のここがおもしろい!

新規開拓営業と言われても土地勘もなく地域性も分からず、どう切り込んでいくのか迷いましたが、戦略的なノウハウはまだ備わってないので、何も知らないだけに行くしかない!と度胸がつきました。お客様にも勉強中であることを正直に話し、日々の宿題に誠実に答えることで、こだわりのない自分流の提案営業が成果につながったとき、成長を実感しています。
また、全国転勤の良さとして、様々な地域のお客様との会話の中で、地元だからこそ分かる隠れ人気スポットやおいしい食事処、ご当地の話題に触れることもメリットだと感じ、私の楽しみの一つになりました。

永山 謙治
永山 謙治

永山 謙治

永山 謙治

一日の仕事のながれ

09:00~
今日は週の始まり、営業ミーティングの日。先週の営業活動報告と新規活動先の状況確認。
10:00~
商談準備のため、今日の訪問ルート、提案商品の確認などを行い、いざ出発。
13:00~
外出しているときは、地元スーパーのお弁当を購入。どんな商品陳列をしているのか、ひと通り売り場をまわって見る。
14:00~
今日は既存のお客様への定期訪問のルート途中に新規訪問先を組み入れてアタック。
18:00~
商談ノートを振り返る。お客様からの宿題や商談内容を振り返り、もれがないか確認する。
20:00~
退社

プライベートの使い方

とにかく食べることが大好きで、この仕事を選んだ理由の一つでもあります。入社して一人暮らしをするようになってから男料理を楽しんでいます。得意料理は?と聞かれると回答に困りますが、冷蔵庫にある食材でとりあえずおかずを作れるというところでしょうか。
いまの配属先の地域は観光スポットがたくさんあるので、趣味のドライブを兼ねて、見ること、食べることを楽しみつつ、地域のことに触れてもっと地域を知りつくし仕事にも活かせたらと思っています。

永山 謙治

仕事内容を知る02

  • 営業職
  • 教育環境のある営業所への貢献を
    モットーに励んでいます。

どんな仕事を任されているか

担当するお客様は、食肉加工業者が中心で、真空袋やシート別注品を扱うこともあります。いま行っている仕事でも、入社時以来、配送やピッキング作業の仕事で学んできた商品知識を活かして、日々営業活動をしています。

辛い経験をどうやって乗り越えたか

入社時は、東北生まれの東北育ちで初めての一人暮らしが一番の不安でした。社内でも社外でもとにかく新人として挨拶を心掛けるようにしていたら、初任地だった新潟の人柄は東北に似ていて馴染みやすく不安はすぐに吹っ飛びました。
また、入社して、半年後に配送デビュー。運転は好きなのであまり不安はありませんでしたが、運転してみると、思ったよりは大変でした。やっと運転になれた3ヵ月後に今度は雪が……。地元出身、ベテラン配送のかたにテクニックを教えられひと安心できました。

仕事のここがおもしろい!

商品が多岐にわたり、売るアイテムに困らないところ。入社前に膨大な数の商品があると聞いてはいたけれど想像以上でした。当社は商社ですが素材提案も行えますし、取り扱う種類も多いので、飽きのこないこの仕事を楽しんでいます。入社4年以上になると、社内でも推奨している「包装管理士」という資格を受験することができ毎年4,5名が受験していて、自分も2019年に合格しました。

職場環境

入社時には、初めての一人暮らしで不安がありましたが、年の近い先輩がいるので親身になって悩みを聞いてくれる相談しやすい環境でした。
覚える仕事のカリキュラムが決まっていて、1年目はピッキングで商品の基礎的な知識を覚え、2年目で営業に関連する事務仕事も経験し、何よりも分からない事を尋ねれば何でも揃う、困った時は助け合おうという職場です。 営業に一人で出るようになった時、みんなにフォローしてもらい頼り過ぎていた部分に気付き、今は営業所に貢献できることをモットーに頑張っています。

佐藤 祐亮
佐藤 祐亮

佐藤 祐亮

佐藤 祐亮

一日の仕事のながれ

09:00~
今日の営業の流れを確認する。最近販売開始されたおもしろいパッケージは、いつでも商品紹介ができるよう必ず商品を持参。
10:00~
お客様があまり目にしたことのないパッケージをお持ちしたところ、興味を持って頂くことができ、手ごたえ。
14:00~
今日は遅れ気味の昼食。野菜が不足がちですがコンビニ弁当で我慢。
15:00~
お客様の宿題に対してマッチングしそうな商品を先輩に聞きながら探すのが日々の日課。その他カタログなどを見ながら見積書を作成。
18:30~
明日、お届けする商品をピッキング担当者に梱包依頼。
19:30~
日報を書いて終了。訪問したお客様との商談内容を所長に報告。
20:00~
退社

プライベートの使い方

最近、先輩に誘われてゴルフを始めました。初めてドライバーでカッ飛ばした時の爽快感ときれいな景色に気持ちが晴れ晴れ、ストレス解消になり、すっかりはまってしまいました。
昨年は初心者ながら、支社開催のゴルフ大会へ初参戦。なんとメンバーがお取引様の社長様と支社長と上司という超緊張状態の中、とにかく前を進むことに気合いが入りましたが、滅多にないお話しを聞くことができ、ゴルフは情報交換の場としても最高だと感じました。

佐藤 祐亮

仕事内容を知る03

  • 営業職
  • ミスを恐れることなく、自然体で
    伸び伸びとした環境で仕事をしています。

どんな仕事を任されているか

大手スーパーの本社と主に商談を行っています。主に生鮮部門(惣菜、ベーカリー、青果、精肉など)を中心に先輩社員に同行して商品の提案やお客様の要望に応える仕事をしています。最近は、依頼があったサンプル商品をお届けする仕事も増えました。

辛い経験をどうやって乗り越えたか

覚悟はしていましたが、運動が苦手な私はピッキング作業が体力面できつく感じました。また、運転が不慣れで、ハイエースを見たとき、運転ができるかが心配でした。しかし、先輩の営業同行をしてみて真っ先に感じたことが、商品のことが頭に入ってこない事。その時、商品のことをたくさん知りたいと思ったのがきっかけで、積極的にピッキング作業を行い、目で見て触って商品を覚えるようになりました。

仕事のここがおもしろい!

簡単にいかない、イレギュラーも含めて、安ければいいとかシンプルなものではなく高くてもお客さんがいいと思えば購入していただけること。お客様から感謝されたときに喜びを感じます!

職場環境

ミスに対してそれを責めるようなことはなく、それをどう直すか(より良くしよう)を大切にしている職場です。当社のビッグユーザー様を担当している営業所なので商圏を守らなければならないプレッシャーは大きいのですが、ミスを恐れることなく伸び伸びと仕事ができる環境にあります。普段から声掛けもかかさず、連携が密なので、仕事をスムーズに行えます。

赤井 友里
赤井 友里

赤井 友里

赤井 友里

一日の仕事のながれ

09:00~
お客様からの商品依頼・マスター登録の報告などメール確認、夜の間に追加注文がくるので把握確認してメーカーに発注する。
10:00~
メーカーが来て、お客様から依頼のあった商品の打ち合わせ。
12:00~
事務所内で談笑しながら楽しい昼食。
13:00~
昨年の実績を参考に規格商品のサンプルを何種類か持って、お客様を訪問し、納品時期、店舗ごとの数量打ち合わせ。その他、スポット商品の提案を行う。
15:00~
商談した後は、上司、先輩にメールで商談報告。
預かってきた宿題について、手配数量が決まっているものは在庫確認、不足があればメーカーに発注依頼。
19:30~
退社

プライベートの使い方

祖父がカメラ好きでその影響を受けて中学2年生くらいから一眼レフにはまっています。愛用のカメラは祖父から形見わけをしてもらったもの。カメラ好きと旅行が講じて、綺麗な景色を撮影するのが趣味です。登山をする友人がいるので、今度は山から見下ろす風景を撮影してみたいと思っています。

赤井 友里

仕事内容を知る04

  • 事務職
  • 所内のレベルアップが私達の目標です。

入社のきっかけ

結婚しても仕事をつづけたいと考えていましたので、将来にわたり仕事が出来る会社で働きたいと思いました。前職は販売職でシフト制だったので、休日も流動的なところがあり、長く続けるのであれば事務職がよいと思い今の仕事に就いています。

辛い経験をどうやって乗り越えたか

事務職は初めての経験で分からないことだらけでした。そんな時、本社や近隣の営業所から事務フォローに来ていただき「分からないことがあったらいつでも聞いて」という言葉に励まされ、働く場所は違いますが、一人ではない気持ちで仕事をすることができました。前向きに捉えるようになると、経験がない分、日々新しい事を吸収している実感が湧き、分からない事を覚えることが楽しみに変わりました。

仕事のここがおもしろい!

事務職の仕事自体は決められた事が多いと思いますが、私の職場は新しい所員ばかりなので、改善改革する部分がたくさんあります。時間までに仕事を仕上げることが日々の目標なので、みんなで考えて取り入れた方法で時間短縮などの改善に結びついた時にはやりがいを感じます。
また、事務職といっても、年に一度の決起大会では、他営業所の社員と交流ができますし、営業所間の支援などもあり、人事交流の場もあるので、毎回楽しみにしています。個人的には、時々、終えた仕事の資料の右端に所長が書いてくれる“good”が楽しみです。

職場環境

私が入社した当初はメンバーも入れ替わりなかなか事務が安定しない時期でした。そんな時、これまでなかった事務ミーティングを行い新しく入った人や担当者が休みの日でも事務が滞らないしくみ作りをみんなで話合いました。そのおかげで、事務負担は軽減され、仕事も早く終わるようになり、時々懇親会をしてはサプライズゲームなどを企画する、明るい職場です。所長がとても周囲に目を配ってくれますし、率先して挨拶をしているので、私達も自然に声を掛けあうようになり、雰囲気のよい職場です。

鈴木 由布子
鈴木 由布子

鈴木 由布子

鈴木 由布子

一日の仕事のながれ

09:00~
前日に届いているオンラインおよびFAX注文の発注業務からスタート。午前中に在庫が不足している商品を洗い出し、担当営業社員に連絡をとり、必要数量を電話で確認。
12:00~
休憩室で楽しくお弁当。飲み会のネタ探しをしている時も。
13:00~
発注をかけた商品の入荷日の確認をして伝票を起こしたり、業務リーダーと入荷商品の確認を行う。
15:00~
大口ユーザー様からのデータ注文の処理作業。
16:00~
入荷もれがないかチェックをする。次の日のFAX注文やデータと売上金額の照合を行う。
18:00~
退社

プライベートの使い方

一人でどこへでも出かけてしまう性格で、小物を揃えるのが好きな私。ドライブの趣味が講じて、行った先でお土産と称して小物を買い込んでいます。最近では、新しい雑貨についつい目がいってしまい楽しみが増えました。これからも、旦那さんにショッピングやドライブに付き合ってもらい、休日を思う存分楽しみたいと思います。

鈴木 由布子

仕事内容を知る05

  • 事務職
  • 育児と仕事の両立を目指しています。

どんな仕事を任されているか

当社には子会社があり、そのうち本部機能をもたない子会社は私の所属している経理部が担当しています。私は主に隣接しているグループ会社の経理フォローを行っています。高速としては手形受入れとお取引様とお客様からの支払い業務を担当しています。

辛い経験をどうやって乗り越えたか

入社当時は簿記経験者であれば一般常識なことも、私は普通科だったので、飛び交っている言葉にもついていくことができず、自問自答と葛藤が続き、自分に向いているのだろうかと悩みました。そんな時先輩が退社することになり、いつでも聞ける環境ではなくなって「自分がなんとかしなくては、やるしかない!」と思ったら、仕事を前向きにとらえることができ、自分なりの経験を積んで、今では自分に合った仕事だと思っています。

仕事のここがおもしろい!

当社は四半期ごとに決算業務があります。会社としての公表数字に携わっている仕事をしているので、数字をきちんと作ることができたときの達成感があります。また、期日が多く時間に追われているので、今日決めた仕事を計画的に終えられた時には、「よくやった」と自分を褒めるようにしています。

職場環境

二人の小さい子供を育児しながら仕事をしていますが、困ったことを相談しやすい環境にあります。突発的な休みも発生しますが、部内で連携をとってもらうことができ、仕事を代わってもらえるようチームで仕事をしています。以前より、育児と仕事の両立を考えて、計画的な業務配分を行うようになり、仕事の工夫をするようになりました。

民部田 あや
民部田 あや

民部田 あや

民部田 あや

一日の仕事のながれ

09:00~
社内のメールチェックから一日が始まる。前日にやり残したことがないか、今日の仕事の段取りを考えて優先順位の高い仕事からスタート。
09:30~
出張旅費や事務用品などの出納業務を行う。
12:00~
働くママが多いので子供話で盛り上がる。
13:00~
仕訳伝票の起票や通帳に入金された振込金額を確認して入金処理を行う。
16:00~
売上入金管理表の作成し、日々の小口現金、手形の受入れと前日の残金とデータ照合を行う。
18:00~
退社

プライベートの使い方

子供が小さいのでどちらか風邪をひくことが多く、育児で一日が過ぎていくことも少なくありません。夫が育児に協力的なので助かっています。また、夫がマラソン好きで各地のマラソン大会に参加する時は、宿泊を兼ねた温泉旅行をし、おいしいものを食べ、楽しんでいます。

民部田 あや

仕事内容を知る06

  • 営業職
  • スピード感を大切にして、
    日々の営業活動に励んでいます。

どんな仕事を任されているか

私の所属している盛岡営業所では、県北、県南、市内と大まかにお客様のエリアが分かれており、私は主に県北方面と市内のお客様を中心に担当しています。広域に店舗を持たれている広域ユーザー様や中心部のお客様が多く、盛岡営業所が主管となって取引上の取りまとめやお客様情報を各営業所発信する役割があることから、各営業所の担当者との情報共有も欠かせない仕事の1つです。

営業で心がけていること

営業の仕事を本格的に初めた頃、商品知識が不足していて悩んでいたことがありました。先輩から「商品知識がないなかでも、自分に何ができるかを考えたときに、レスポンスを早くすることでお客様にも一営業として見てもらえるんじゃないかな」という言葉をもらいました。それ以来、“レスポンスを早く”ということを心掛けています。でも、レスポンスをただ早くするだけでは中身を伴わないと意味がないので、早いなかでも内容を大事にし、調べるところは調べ、メーカーに問い合わせたり先輩に相談し、できる限りお客様の要望に沿った提案ができるよう日々努力しています。

辛い経験をどうやって乗り越えたか

入社して間もない頃、まだ商品知識がないので、ピッキング作業の流れや仕方が分からず時間がかかっていました。それを解決するため倉庫業務のパートさんに商品の保管場所を何度も聞いたり、積極的に商品を手に取って、形・名前・色などを覚えるなどしているうちに慣れてきました。お客様への納品時の検品作業も大変でしたが、徐々に慣れていき商品のことも覚え、自社の倉庫ではピッキングを効率よく行えるようになって手ごたえをつかんでいきました。ピッキングをすることで商品知識をある程度把握できるようになっていたので、現在の営業活動ではその知識はかなり役立っています。

仕事のここがおもしろい!

お客様から、“こんな商品が欲しい”とざっくりとした商品依頼があり、その話をヒントに四苦八苦しながらメーカーや先輩に相談して考えた商品提案に対して、お客様から「いいね」という言葉を頂いたり、結果として店頭に並んでいるのを見ると非常にやりがいを感じます。月並みかもしれませんが、お客様から「ありがとう」という言葉を頂くと、些細なことでも喜んでもらったということを実感できるので、次もまた提案しよう、がんばろうと前向きな気持ちになります。

職場環境

私は、仕事をする上で1番重要なのは、職場の環境・雰囲気だと思っています。もちろん仕事ですからどうしても忙しい時期もあります。しかし、その状況でも社内で協力するような環境であれば、大変な状況でもがんばれる・踏ん張れますが、そうでない場合にはなかなか乗り切っていくのは厳しいように思っています。
担当先のお客様には非常によくして頂いていますし、社内では所長をはじめ、周りの先輩から意見をもらえることで困り事を解決できる環境ですし、事務社員も営業が外出中の時はお客様フォローをしてくれたり、よい環境だと感じながら仕事をしています。

佐藤 大介
佐藤 大介

佐藤 大介

佐藤 大介

一日の仕事のながれ

09:00~
メールの確認・前日からの対応でお客様に電話など。
10:00~
商談準備、外出など予定・持ち物に漏れがないよう確認。
11:00~
お客様との商談に伺います。
12:00~
お昼はコンビニで。
所内にいるときはみんなで定食屋に行ったりすることも。
13:00~
担当のお客様を回って、お話をして状況の確認・困りごとのご相談、新商品の話など。
市内中心の日は4・5件回る日もあります。
16:00~
営業所に戻り、日中に電話で依頼をもらったこと・当日の商談で頂いた課題の対応、次の日の準備。
18:00~
1日の最後に、対応していない事項がないかの確認などしつつ明日やることを書き出して、漏れている仕事がないか確認。だいたい19時から20時ぐらいには帰宅の途に。定時で帰れる日は周りに手伝える仕事がないか確認しつつ帰宅。

プライベートの使い方

同期同士は遠方にいても割と連絡を取っていて、きっかけがあれば会う事もあり、このあいだ仙台に戻った際は近況報告を兼ねて同期と飲みに行きました。
また、最近は、学生時代から取り組んでいた野球の社会人クラブチームにお客様からの紹介で入り、毎週日曜日に練習をしています。冬でも体育館などトレーニングや練習をするなど本格的に取り組んでおり、5月末に静岡で開催される軟式の全国大会に出場が決まりました。

佐藤 大介

仕事内容を知る07

  • 事務職
  • 少しでも成長できるよう、
    一つひとつ振り返りながら仕事をしています。

入社のきっかけ

私は将来的に長く働ける環境の会社に入社したいと考えていたので、事務職を中心に就職活動をしていました。会社説明会で先輩社員との座談会に参加した際、全国の営業所の事務処理を行っている女性社員より話を聞きました。
「沢山の処理をしないといけないため、大変な部分もありますが、その分やりがいにつながっています」との話が印象的でした。全国規模の仕事に携わりつつも、長く安定して働くことができ、女性も活躍している職場だと感じられたことが入社の決め手です。

どんな仕事を任されているか

勤怠関係(※従業員の休暇届出や給与計算の対応など)と採用関連の仕事を行っています。従業員の出勤確認から時間外計算、採用については求人原稿の対応など、業務は多岐にわたります。問い合わせの電話がたくさんかかってくるため、一つひとつの業務が混ざらないよう時間を区切って仕事をしています。電話の多い時間帯や、そうでない時間帯がわかってきたので、比較的落ち着いている時間に集中力が必要な仕事をするなど工夫しています。

辛い経験をどうやって乗り越えたか

先輩の人事異動があり、引継がうまくいかず漏れていた箇所がありました。自分ではしっかりと引き継いだつもりでしたが、結果的には確認不足で関係部署に迷惑をかけてしまいました。しっかり自分で考えて行動していれば防ぐことができていた業務なので、与えられた仕事をただこなすのではなく、仕事内容の意味を考え、疑問点や漏れがありそうだと感じたら、調べたり質問したりしてミスの無いよう仕事を進めるよう軌道修正しました。その結果、仕事の全体像もわかるようになり、より正確な事務処理へ繋がっています。

職場環境

入社時には、新入社員である私の名前が入社前から部署の皆さんに覚えられていて、とても温かい雰囲気だと感じました。人事部では業務が多岐にわたり、全国の営業所とのやりとりがたくさん発生して、覚えることがいっぱいで質問が多くなってしまいますが、私が理解するまで親切に仕事を教えてもらっています。また、真面目な先輩が多く、一つひとつの仕事がとても丁寧です。
この会社のことを少しでも多く吸収し、皆さんに頼られる存在になりたいです。

武田 菜津子
武田 菜津子

武田 菜津子

武田 菜津子

一日の仕事のながれ

09:00~
営業所からの連絡や問合せがないかメールチェック。
発注物があればすぐに対応。
10:00~
電話が多い時間帯の為、主に電話対応。
空いた時間で事務作業。
12:00~
休憩室で楽しくお弁当。女子トークで盛り上がる。
13:00~
会社説明会で使用する資料を作成。
わかりやすくまとめるためにアイデアが大事。
15:00~
勤怠関係の事務処理。
細かい確認が必要なので、集中して作業
17:00~
その日の発注漏れ等がないかチェック。
18:00~
帰宅

プライベートの使い方

季節ごとの行事が大好きで、お花見、お祭り、紅葉、初詣など、一年を通して楽しんでいます。週末に気が置けない仲間たちとでかけると笑いが絶えず、日々の活力がわいてきます。
仕事もプライベートも思い切り楽しみ、素敵な社会人になりたいです!

武田 菜津子

ページの先頭へ戻る