Skip to content(本文へジャンプ)

ダイバーシティ・
インクルージョンへの取り組み

多様性の確保についての考え方

当社は、経営理念として、「人間性、個性を尊重し、信頼し合い、助け合う集団であり
社会にとって有用な企業であり続けたい。」と掲げております。
このような理念のもと、当社は、社員の多様性を尊重し、多様な人材が活躍できる企業風土づくりに取り組んでおります。

多様性の確保に向けた人材育成方針

商社である当社にとって、人材育成は最も重要な経営課題の1つです。
社員一人ひとりが個性を活かし継続して成長していくことが、当社が多様性のある組織として、健全かつ持続的に成長することにもつながるという考えから、社員が働きがいをもって働くことができる環境を作り、社員一人ひとりに働きがいと成長を実感してもらうことを目指しています。

<実施状況>

若手を対象とした各年次での研修や管理職を対象とした研修など階層別研修の実施のほか、包装管理士資格など業務に活きる資格取得の支援を行い、社員の成長を促進しています。

多様性の確保に向けた社内環境整備方針

当社は、社員の多様性を尊重し、一人ひとりが自分らしく活躍できる職場環境の整備や風土の醸成に取り組んでいます。社員一人ひとりが自分らしく働くことが、社員の働きがいと当社の組織としての成長につながると考えています。

<実施状況>

年次有給休暇取得促進、育児や介護と仕事が両立できる勤務制度の充実(育児休業制度、介護休業制度、短時間勤務制度)など、社員一人ひとりが自分らしく働くことができるよう取り組んでいます。